ここ片付ければ速攻効果…

 片付け・収納はいまや日本の大ブームですね。
 そこまでのブームになるってことは 

    苦手人口がそうとういます! 

 という証明でしょうか。

 モノが捨てられない、片付けられない
、は日本だけでなくアメリカのクライアントさんからの相談内容でも常にトップに来ます。
 でも!ちょっと違うところは 

 日本のクライアントさんの場合:
  モノを捨てられるようになるには
   片付け上手になるにはどうすればいいですか?


 アメリカのクライアントさんの場合:
  こういう目標を達成したいので生活改善したいのですが、
   やっぱりモノは少ない方がいいですよね?


 ちょっとした違いのようですが、「片付けられないから、うまく行かないんだ!困ってます」というポイントから取り組むのか、「目標達成を導く生活にするには」というポイントから片付けに取り組むのか、は大きな違いを導きます。
 もちろん、どちらが優れているとかの話ではありません。考え方、捉え方の違いは誰にでもありますし、身の周りに氾濫するメディアの情報の景況だって、住んでいる地域や文化圏によって違うのですから、そこに優劣はないのです。

片付けや収納のプロによって書かれたすばらしい書籍がいっぱいある日本は、それだけでも恵まれていると思います。
 だからこそ、自分なりの「とんち力」を使っていけば、すばらしい
HOW TOが自分の家や生活にマッチしていきますから、「教えどおりにやってますけど…」で終わってしまうことがなくなります。

さて、片付け・収納のプロジェクトにおいて、できれば早い段階でやっておきたいのは、「眠り」に関わる部屋、場所、インテリア、寝具です。

運を上げたきゃ、布団を干せ 

の回の「布団を干す」にも関わる、「眠る場所」が私たちにどんな影響を与えるのかを知っておくと、片付けや収納の手順や考え方も変わり、暮らしの変化は顕著に現れます。

 「運」のあとは「睡眠」についてじっくり考えてみます
と次回に続きます。

 寝るを学ぶ
…を住育としてお勉強です、快眠ラララ♪

 


 
 
第二回住育検定は715日(日)

検定前の講習を担当させていただきます。
「住育」についてたくさん知ってたくさん幸せになる人が増えること。
それが「住育検定」の目的です。

詳細:住まい教育推進協会 

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です