ずっと知っていたこと

明日は第一回住育検定。
 第一回目の講師を務めますYO
! 少なくとも…私はノリノリです!

人生も、毎日の暮らしも、目的は

     幸せであること


 ですからね。
 眉間にしわ寄せて取り組んでも、ワクワク楽しみながら取り組んでも、読む教本のページ数も、検定問題の数も、

      お!な!じ!

 です。だったら、楽しみモードで取り組んだ方が心にも身体にも美容にもいいですね。

さて、昨日ご紹介したOHANA(ハワイ語でファミリー)という考えから「住育」にアプローチにすると、より一層身近になる感が私の中に強く出てきます。皆様はどうですか?

「住育」とは、生きとし生けるものがお互いを認識しあい、サポートしあう生活共同体についてを自らが学ぶ、そして子供たちと共有していくこと…。ん?っていうことは…ずっとずっと太古の昔から私たちが続けてきたことを、ちゃんと続けましょうよ、だけのことですね。
 新しいことでもない
ずっと知っていたこと。きっと人間のDNAの中にしっかり組み込まれている知恵と直観力なのですね。



学ぶ とは 思い出すことラララ♪


第二回住育検定は715日(日
 たくさんの方が「住育」に興味を持っていただくために「住育検定」に目を向けていただければと思います。
 詳細:住まい教育推進協会 

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です